ウェブ会議

Zoom日本法人トップ、一連の事態を釈明「人的ミスで中国に接続する可能性あった」

ウェブ会議サービス「Zoom」に関する懸念が各所で話題となり、安全性を疑問視する声が拡大しつつある。日本法人トップの佐賀文宣氏が一連の事態について説明した。

 ウェブ会議サービス「Zoom」に関する懸念が各所で話題となり、安全性を疑問視する声が拡大しつつある。米本社は米国時間4月8日に公式ブログで、最高情報セキュリティ責任者(CISO)評議会と諮問委員会の設立を表明し、セキュリティ対策に注力することを改めて示した。

 日本法人Zoom Video Communications Japan(Zoom Japan)カントリーゼネラルマネージャー 佐賀文宣氏は本誌取材に対して「人為的ミスで中国のデータセンターに接続する可能性があった」ことを認めるとともに、ユーザーの爆発的増加への対応策として大阪にデータセンターを開設する予定があることを明らかにした。

クライアントを最新版に更新してほしい

――新型コロナウイルスによるテレワーク需要増加に伴い、Zoomをはじめとするウェブ会議サービスに注目が集まっている。米本社CEO(最高経営責任者)のEric Yuan氏も謝罪の弁を述べているが、日本の責任者として意見を聞きたい。

 本来Zoomは企業向けに開発した製品だが、2月ごろから爆発的に利用者が増加した。企業ユーザーもそうだが、特に個人利用と教育の現場。そのため、これまで想定されなかったセキュリティ問題が明らかになり、今回の事態につながっていると思う。ただ、米国本社も非を認め、早期に対応策を発表している。プログラムの修正もほぼ完了した。

 日本法人としては、米国本社が発したメッセージやプログラムの変更を、よどみなくお客さまに伝えることに努めている。現在、日本法人の従業員は35人だが、主要なお客さまには私からCIO(最高情報責任者)やCISOへ連絡してきた。

 当初は企業のIT部門責任者からの問い合わせも多かったが、現在はご納得いただいているお客さまも多い。営業やカスタマーサクセス(サポート部隊)に対する問い合わせも、速やかに最新情報を提供できていると思っている。

――海外の政府機関や教育機関などが「Zoomは使わないで」と呼び掛けているが、この状況について意見を聞きたい。仮に日本でも同様の状況になり得えた場合の予防策はあるのか。

 ニューヨーク市や台湾政府、シンガポールの教育省の対応は報道を通じて把握している。ただ、その一部は他の報道を引用し、公表内容を正しく伝えてられていないなど、食い違いが生じている。われわれも正しい指摘や弊社が把握しているセキュリティホールに対しては真摯に対応し、見解を発表するとともにプログラムを修正している。

 まずはZoomクライアントを最新版(取材時点では4.6.11)に更新することで安全に使えるとご理解いただきたい。結果としてシンガポールの教育省も4月13日の週からZoomを再利用いただいているし、日本の政府や教育機関にも(修正内容や対応状況を)正しくご理解いただけるよう案内に努めている。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]