ウェブ会議

イベントのオンライン開催を実現--ビデオ会議プラットフォーム6選

新型コロナウイルスの影響で、大勢の人が集まるイベントが相次いで中止されている。その解決策となり得るビデオ会議プラットフォームを6つ紹介する。

 COVID-19に対する不安が高まり、集会の自粛が求められる中で、200以上の大規模カンファレンス(1兆ドル規模のグローバル産業の一部)が中止になった。その例には、「Mobile World Conference」「Adobe Summit」「Facebook F8」「Google Cloud Next」「South by Southwest」(SXSW)、Microsoftの「MVP Summit」や「IBM Think」など、枚挙にいとまがない。完全な中止を決断した組織や開催日を延期した組織もあるが、別の方法を選択し、大規模イベントを電子的に、ライブストリーミングプラットフォームを通して開催している企業もある。

 パンデミックを受けて大規模なビデオ会議が増加したが、これらのプラットフォームは以前から、直接顔を合わせるイベントに代わる手段として、人気が高まると予想されていた。たとえばGartnerは、対面で実施される企業の会議の割合が、2019年の60%から、2024年までにわずか4分の1にまで縮小すると推定している。

 Gartnerのリサーチ担当バイスプレジデントのCraig Roth氏によると、COVID-19のためにバーチャル会議がますます増加しているという。「COVID-19に『十分に注意』するため、カンファレンスの中止が不可避になった。多くの発表では、計画されていた内容と同様のバーチャルカンファレンスとしての開催が約束されている」。同氏はこのように述べ、バーチャル会議はストリーミング配信で提供されるか、録画して後で視聴できるようになっていると説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1705文字 ログインして続きを読んでください。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]