ウェブ会議

イベントのオンライン開催を実現--ビデオ会議プラットフォーム6選

新型コロナウイルスの影響で、大勢の人が集まるイベントが相次いで中止されている。その解決策となり得るビデオ会議プラットフォームを6つ紹介する。

 COVID-19に対する不安が高まり、集会の自粛が求められる中で、200以上の大規模カンファレンス(1兆ドル規模のグローバル産業の一部)が中止になった。その例には、「Mobile World Conference」「Adobe Summit」「Facebook F8」「Google Cloud Next」「South by Southwest」(SXSW)、Microsoftの「MVP Summit」や「IBM Think」など、枚挙にいとまがない。完全な中止を決断した組織や開催日を延期した組織もあるが、別の方法を選択し、大規模イベントを電子的に、ライブストリーミングプラットフォームを通して開催している企業もある。

 パンデミックを受けて大規模なビデオ会議が増加したが、これらのプラットフォームは以前から、直接顔を合わせるイベントに代わる手段として、人気が高まると予想されていた。たとえばGartnerは、対面で実施される企業の会議の割合が、2019年の60%から、2024年までにわずか4分の1にまで縮小すると推定している。

 Gartnerのリサーチ担当バイスプレジデントのCraig Roth氏によると、COVID-19のためにバーチャル会議がますます増加しているという。「COVID-19に『十分に注意』するため、カンファレンスの中止が不可避になった。多くの発表では、計画されていた内容と同様のバーチャルカンファレンスとしての開催が約束されている」。同氏はこのように述べ、バーチャル会議はストリーミング配信で提供されるか、録画して後で視聴できるようになっていると説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1705文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]