IoT

「Azure Sphere」でIoTのセキュリティを確保--MSのLinuxベースソリューション

「Azure Sphere」は、マイクロソフトのモノのインターネット(Internet of Things:IoT)向けソリューションだ。ハードウェア、ソフトウェア、クラウドの要素で構成されるAzure Sphereの機能を解説する。

 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)は現代の西部開拓のようなものだ。デバイスはセキュリティを考慮せずにネットワークに接続され、サイバー犯罪者にとって、システムへの格好の侵入経路になっている。さらに、それらのデバイスはほとんどアップデートされず、展開されたときと同じ安全性の低いファームウェアを使い続けている。そのため、不正アクセスは起きるかどうかではなく、いつ起きるかという問題だ。

 デバイスを保護し、安全な状態を維持するには、どうすればいいのだろうか。そこで役立つのが「Azure Sphere」だ。Microsoftの多層防御IoTプラットフォームであるAzure Sphereは、ハードウェアとソフトウェア、クラウドを組み合わせて、デバイスとネットワークを保護する。2018年5月に発表され、すぐに使用可能なハードウェアとソフトウェアとともに、ついに一般提供が開始された。

最初はシリコン

 Azure Sphereの中心には、Armベースの強固なマイクロコントローラーがあり、これはMicrosoftが「高度なセキュリティを備えたデバイスの7つの特徴」と呼ぶものを提供できるように設計されている。7つの特徴とは、信頼のハードウェアベースのルート、多層防御、信頼済みの小規模なコンピューティングベース、動的なコンパートメント化、証明書ベースの認証、障害の報告、更新可能なセキュリティだ。このように、ハードウェアとソフトウェアの設計に対して独断的なアプローチをとることは理にかなっており、Azure Sphereの全ユーザーが同じ考えを持ち、同じセキュリティモデルを使用することが可能になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3325文字 ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]