開発ツール

好まれる/敬遠されるプログラミング言語--開発者が語る違い

多くの企業で採用されているプログラミング言語が、開発者にも好まれているとは限らない。それぞれの用途に適した言語、優れた言語に共通する特徴などについて、専門家の意見を聞いた。

 業務の最適化に向けてデータ分析を採用する企業が増加しているため、開発者の需要は拡大する一方だ。この仕事では必ずプログラミング言語を扱うことになり、中でも「Python」「Java」「JavaScript」が特に幅広く使用されている。

 これらは企業の間で人気がある言語だとしても、プログラマー自身にとっては最愛の言語というわけではない。JavaとJavaScriptは実際のところ、プロの開発者に嫌われる言語の1位と2位だという。

 「JavaScriptは非常に人気が高いので、この意見には異論もあるだろうが、実際にはとても大変な作業になることが多い」。こう述べるのは、アプリケーションセキュリティプロバイダーnVisiumの最高経営責任者(CEO)であるJack Mannino氏だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1424文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]