セキュリティ クラウドサービス

クラウドベースのセキュリティに移行する企業が増加--さまざまな懸念も

多くの組織がセキュリティツールをクラウドに移行させ始めているが、さまざまな懸念を抱いていることもExabeamの調査で明らかになった。

 近頃では、組織のセキュリティに対処するのは、過酷で困難な作業である。サイバー犯罪者やハッカー、マルウェア、ランサムウェアフィッシング攻撃はすべて、多くの企業を標的とする脅威だ。

 その負担の一部を軽減するために、多くの組織がセキュリティツールをクラウドに移行させ始めている。基本的に、これは、組織がセキュリティベンダーから購入した製品をオンプレミスで展開および管理する代わりに、それらの製品がクラウドで展開および管理されることを意味する。

 セキュリティツールをクラウドに移行させると、脅威の監視の改善やメンテナンスの負担軽減など、一定の利点を享受できる。しかし、Exabeamが先ごろリリースしたレポートで指摘しているように、顧客は自社のセキュリティをクラウドに移行させることについて、さまざまな懸念を抱いている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1456文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]