セキュリティ

「Microsoft Defender ATP for Linux」--環境全体の包括的な保護の一端を担う

「Microsoft Defender ATP for Linux」のパブリックプレビュー版が提供されている。マイクロソフトは、最終的には環境全体の包括的な保護を目指しているが、現時点ではサーバーに力を入れているという。

 「Defender」が「Windows」だけでなく「macOS」向けにもリリースされたとき、Microsoftは同ソフトウェアの名称を「Windows Defender」から「Microsoft Defender」に変更すると発表した。その発表に隠されていた未来についてのヒントは、ペンギンのステッカーが貼られたLinuxノートブックだ。「Microsoft Defender ATP for Linux」は現在パブリックプレビュー段階であり、対応OSは「Red Hat Enterprise Linux 7」以降、「CentOS Linux 7」以降、「Ubuntu 16 LTS」以降、「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)12」以降、「Debian 9」以降、「Oracle Enterprise Linux 7」となっている。だが、これらのOSを具体的に何から守ってくれるのだろうか。

 WindowsとMacのDefenderエージェントは、すでにLinuxマルウェア検出機能を搭載している。ファイルはデバイスからデバイスに移動するものであり、マルウェアがどこに潜んでいようと、理想的には脆弱なシステムに到達する前に検出することが望ましい。「Windows Subsystem for Linux」(WSL)のユーザーは、クリプトマイナーのインストールを試みる感染npmパッケージなどの脅威から、すでにDefenderによって保護されている。

 「Microsoft 365」のセキュリティ担当コーポレートバイスプレジデントであるRob Lefferts氏は、Mac版を先に提供した理由について、Microsoftの法人顧客からの要望が多かったからだと説明する。「顧客にとって問題となるすべてのエンドポイントへの対処に取り組んでいる。まずはMacで次がLinuxだ。特に今はサーバー上のLinuxに力を入れており、今後は『iOS』や『Android』といったモバイルエンドポイントの保護について検討する」

 その長期的な成果は包括的なエンドポイントセキュリティだ、とLefferts氏は述べる。「これには、EDR(エンドポイントでの検出と対応)に加えて、次世代の保護、ウイルス対策のようなもの、行動(保護)などがある。Defenderに盛り込むあらゆる機能が、すべてのプラットフォームをまたいで効果を発揮し、特に脆弱な場所で有効に作用するようにしたい」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4748文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]