OS・ミドルウェア

「curl」コマンドでウェブサイトの読み込み速度をテストするには

「curl」コマンドは、さまざまなプロトコルを通してデータを転送するのに使用されるツールだ。同コマンドを使ってウェブサイトの読み込み速度をテストする方法を解説する。

 ウェブ管理者はデータを自分の親友にすることができる。ユニーク訪問者数、ブラウザー識別子、1回の訪問あたりの価値、コンバージョンあたりの費用、顧客転換率、セッションまたは訪問の総数、トップページ、トラフィックソース、サイトでの滞在時間、1回の訪問あたりのインタラクション、直帰率、離脱ページ。これらの測定データは、指揮系統で自分よりも上にいる人々との多くの会議で、武器として利用することができる。

 しかし、ウェブ管理者の仕事を助けてくれる測定データについてはどうだろうか。そうした測定データの1つが、ウェブサイトの読み込み速度だ。サイトの読み込みが遅ければ、顧客やクライアントはいら立ちを覚えるだろう。サイトの読み込み時間は、どうすれば測定できるのだろうか。もちろん、ブラウザーでそのページにアクセスして、ストップウォッチを押すことも可能だ。しかし、それを効果的に行うには、最初にブラウザーのキャッシュをクリアする必要がある。これをしないと、正確なデータが得られない。

 サイトの読み込み時間をより正確に計測する1つの方法は、「curl」コマンドを使用することだ。curlは、さまざまなプロトコルを通してデータを転送するのに使用されるツールである。これを使えば、かなりの精度でウェブサイトの読み込み時間を計測できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2483文字 ログインして続きを読んでください。

「OS・ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]