RPA オートメーション・エニウェア・ジャパン

3.5カ月で70ロボット開発、180時間削減--再利用可能なメタボットを200以上準備

三井E&S環境エンジニアリングはRPA「Automation Anywhere Enterprise」を活用し、3.5カ月で70のロボットを開発。部課署を横断する導入が浸透し、180時間の作業時間や連絡業務を削減。

 環境施設の設計、建設、運転管理やメンテナンスなどを事業とする三井E&S環境エンジニアリング(千葉市美浜区、従業員数719人)は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフト「Automation Anywhere Enterprise」を採用。3.5カ月で70のソフトウェアロボット(Bot)を開発、180時間を削減したという。3月31日、日本での提供を担うオートメーション・エニウェア・ジャパン(AAJ)が発表した。

 1人で担当する業務、作業が多く、その分だけを代行できる、自分の分身をパッと作れる“文房具”のようなソフトウェアを求め、複数を比較検討。使い勝手や親会社となる三井E&Sエンジニアリング(中央区)での活用実績などから採用したという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約614文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]