RPA オートメーション・エニウェア・ジャパン

3.5カ月で70ロボット開発、180時間削減--再利用可能なメタボットを200以上準備

三井E&S環境エンジニアリングはRPA「Automation Anywhere Enterprise」を活用し、3.5カ月で70のロボットを開発。部課署を横断する導入が浸透し、180時間の作業時間や連絡業務を削減。

 環境施設の設計、建設、運転管理やメンテナンスなどを事業とする三井E&S環境エンジニアリング(千葉市美浜区、従業員数719人)は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフト「Automation Anywhere Enterprise」を採用。3.5カ月で70のソフトウェアロボット(Bot)を開発、180時間を削減したという。3月31日、日本での提供を担うオートメーション・エニウェア・ジャパン(AAJ)が発表した。

 1人で担当する業務、作業が多く、その分だけを代行できる、自分の分身をパッと作れる“文房具”のようなソフトウェアを求め、複数を比較検討。使い勝手や親会社となる三井E&Sエンジニアリング(中央区)での活用実績などから採用したという。

 社内導入は少人数から進めたという。関係者に具体的な活用方法を紹介しつつ、業務を棚卸し。収集できた30ほどの課題に対し、AAJのセールスエンジニアが業務部門へ集中開発研修を実施する「ボッタソン」を開催。社内に機能を体験させたという。

 導入後は、社員と対話しながら業務にRPAを適応、試運転までを検証する数時間の「セッション」を実施。スキルに合わせて関係者全員が活用できるよう個別フォローしたと説明。経理、企画、人事、建設、設計、技術、資材、整備、安全衛生管理室といった多岐にわたる管理、現場の部課署でシステムをまたぐ、横断的な業務自動化が進んでいるという。

 開発した70のBotで作業時間、連絡業務などを削減。納期の効率的な管理管理など、品質も向上したとしている。

自動化した業務例

  • メールに添付されたExcel情報の集計
  • 経理システム内の情報を抜き出して所定のシートへ転記
  • 基幹システム内で管理する工事番号を抜き出して別の関連システムへ登録
  • 工事予定表から提出物期日を確認したうえで、メールで提出物を催促
  • マスターファイルへの転記
  • 更新データのチェック
  • フォルダの作成、名前変更、抽出
  • 経費支払、出張精算システムへのデータ記入
  •  Bot本体とは別に、簡単な機能に特化した再利用可能な部品“メタボット”を200以上準備。Botの量産だけでなく、新しい自動化アイデアが集まり、新たな業務も生まれているとしている。

    「RPA」で読まれている記事

    TechRepublic Japanで人気の記事

    編集部オススメ

    トレンドまるわかり![PR]

    財務・経理
    人事・労務
    マーケ・営業
    購買・調達
    生産・製造
    データ分析
    コミュニケーション
    通信・通話
    文書・コンテンツ
    PC・モバイル
    PC
    スマートフォン
    タブレット
    ウェアラブル
    オフィスソフト
    OCR
    RPA
    PCソフト
    周辺機器
    新興技術
    ITインフラ
    クラウドサービス
    OS・ミドルウェア
    開発
    データベース
    運用
    セキュリティ

    ホワイトペーパーランキング

    1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
    2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
    3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
    4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
    5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

    Follow TechRepublic Japan

    このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
    Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
    [ 閉じる ]