新興技術

10年以内に到達--次世代HPC“エクサスケール”は何をもたらすのか

ペタスケールコンピューターの1000倍に相当する、毎秒100京の演算が可能な“エクサスケール”なハイパフォーマンスコンピューティングがどんな恩恵をもたらすのか、注目されている。

 これまでの歴史を振り返ると、科学的偉業の達成に向けた、いわゆる“友好的な”争いが数多く繰り広げられ、その多くは人類を著しく進化させてきました。

 1960年代、ソ連と米国は、初の有人宇宙飛行から初の人類月面着陸まで数多くの天文学的偉業の達成で競い合いました。近年は、新たな国々もこの中に加わり、中国が月の裏側への初着陸に成功したほか、オーストラリアは「光の誕生」を特定すべく、宇宙初の星明かりの理解と発見に向けた競争をリードしています。現在は火星への有人飛行が議題に上るなど、世界の宇宙開発競争は続いています。

 それと同様に、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の分野に馴染みのある方であれば、各国政府や研究機関が現在、エクサスケールコンピューティングという魅力的な偉業の達成に向け、しのぎを削っていることをご存知でしょう。

 エクサスケールとは、最初のペタスケールコンピューターの1000倍に相当する、毎秒100京(=10億×10億=1018)の演算を遂行可能なシステムのことです。エクサスケールマシンは、人間の脳に近い処理能力を持ち、ニューラルネットワークなどの人工知能(AI)の進化を潜在的にサポートするものです。

 この技術は驚愕に値するものです。ですが、HPCはすでに従来型コンピューターを大きく上回るレベルで、今日の世界の非常に大きな問題に取り組んでおり、不可欠な存在となっています。

 それでは、HPCの機能が現代の世界を代表する3つの重要問題の解決にいかに役立っているか、そして、テクノロジーの発展に伴い、今後どのような事態が予想されるのかを見てみましょう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2430文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]