オフィスソフト

Wordが日本語の音声入力に対応--「Office 365」更新動向【2003版】

秘密度ラベル自体は目新しい機能ではなく、Azure Information Protectionの運用が必要だったものの、今後は現在プライベートプレビュープログラム実施中のMicrosoft Information Protectionで管理、運用することになる。

 Microsoftが米国時間3月25日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2003(ビルド 12624.20320)へ更新したWindowsデスクトップ版は、すべての製品で秘密度ラベルを適用できるようになった。

 Office 365で作成したファイルはPCに限らず、モバイルや他のアプリケーションから参照する場面が多く、必然的に企業のコンプライアンスにそぐわないケースが多い。

 秘密度ラベル自体は目新しい機能ではなく、Azure Information Protectionの運用が必要だったものの、今後は現在プライベートプレビュープログラム実施中のMicrosoft Information Protectionで管理、運用することになる。秘密度ラベルを使用するには、Microsoft 365 E3以上やOffice 365 E3以上、Azure Information Protection Premium P1以上のライセンスが必要だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1987文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]