オフィスソフト

Wordが日本語の音声入力に対応--「Office 365」更新動向【2003版】

秘密度ラベル自体は目新しい機能ではなく、Azure Information Protectionの運用が必要だったものの、今後は現在プライベートプレビュープログラム実施中のMicrosoft Information Protectionで管理、運用することになる。

 Microsoftが米国時間3月25日に更新した、Office 365各プラットフォームに対する変更内容をまとめる。リリースノートによれば、バージョン2003(ビルド 12624.20320)へ更新したWindowsデスクトップ版は、すべての製品で秘密度ラベルを適用できるようになった。

 Office 365で作成したファイルはPCに限らず、モバイルや他のアプリケーションから参照する場面が多く、必然的に企業のコンプライアンスにそぐわないケースが多い。

 秘密度ラベル自体は目新しい機能ではなく、Azure Information Protectionの運用が必要だったものの、今後は現在プライベートプレビュープログラム実施中のMicrosoft Information Protectionで管理、運用することになる。秘密度ラベルを使用するには、Microsoft 365 E3以上やOffice 365 E3以上、Azure Information Protection Premium P1以上のライセンスが必要だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1987文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]