コミュニケーション チャット

「Slack」にボットをインストールするには--「Donut」でオンボーディングを効率化

「Slack」でボットを使えば、新しいスタッフのオンボーディングへの負担も軽減可能だ。ここでは、「Donut」のインストールと使い方を解説する。

 ボットの存在意義は、ユーザーの負担を軽減することだ。ボットは質問への応答、新しいクライアントやスタッフのオンボーディングなど、さまざまなことを行うことができる。ボットを市場で最も強力なコラボレーション/コミュニケーションツールの1つと組み合わせると、素晴らしいプラットフォームになる。

 それが本記事で解説する内容だ。具体的には、ボットと「Slack」の相乗効果のことである。ここで紹介するボットは「Donut」だ。Donutは以下の機能によって、Slackでのコラボレーションを新たな次元に引き上げるツールである。

  • オフィスの場所やチーム、関心が異なる複数のSlackチャンネルをペアリング。
  • 紹介メッセージや頻度、グループサイズのカスタマイズ。
  • チームのつながりに関する洞察。
  • 新入社員の歓迎、一緒にオンボーディングを受ける仲間やほかのチームメイトの紹介。
  • そのほかの機能も多数搭載。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2230文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. 単なるバズワードか? 本質が見えにくい「ゼロトラスト」の5つの疑念を払拭せよ
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. これからはじめる! やさしい IDaaS と Azure AD の基本

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]