DWH

“データ仮想化”基盤「Denodo」に見るデータ分析にまつわる課題のややこしさ

複数のデータを仮想的に統合する“データ仮想化”は、ITコストの削減に大きく寄与する技術として注目されており、ガートナーのハイプサイクルでは幻滅期を過ぎて、生産安定期に分類されている。

 “データ仮想化”ソフトウェアを開発、提供するDenodo Technologiesは3月26日、プレスラウンドテーブルを開催。国内外の事例を交えながらデータ仮想化と現行製品「Denodo Platform 7.0」を説明した。

 複数のデータを仮想的に統合するデータ仮想化は、ITコストの削減に大きく寄与する技術として注目されており、Gartnerのハイプサイクルでは幻滅期(Trough of Disillusionment)を過ぎて、生産安定期(Plateau of Productivity)に分類されている。データ仮想化市場の年間平均成長度は13%におよぶという。

 2019年1月に日本法人を設立。同社営業本部長 中山尚美氏は「(データを利用する)AI(人工知能)やBI(ビジネスインテリジェンス)ツールは日進月歩で進化するが、十分なデータを与えないと有効活用できない。一説では半分以下の効果」とデータ仮想化の重要性を強調した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1959文字 ログインして続きを読んでください。

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]