DWH

“データ仮想化”基盤「Denodo」に見るデータ分析にまつわる課題のややこしさ

複数のデータを仮想的に統合する“データ仮想化”は、ITコストの削減に大きく寄与する技術として注目されており、ガートナーのハイプサイクルでは幻滅期を過ぎて、生産安定期に分類されている。

 “データ仮想化”ソフトウェアを開発、提供するDenodo Technologiesは3月26日、プレスラウンドテーブルを開催。国内外の事例を交えながらデータ仮想化と現行製品「Denodo Platform 7.0」を説明した。

 複数のデータを仮想的に統合するデータ仮想化は、ITコストの削減に大きく寄与する技術として注目されており、Gartnerのハイプサイクルでは幻滅期(Trough of Disillusionment)を過ぎて、生産安定期(Plateau of Productivity)に分類されている。データ仮想化市場の年間平均成長度は13%におよぶという。

 2019年1月に日本法人を設立。同社営業本部長 中山尚美氏は「(データを利用する)AI(人工知能)やBI(ビジネスインテリジェンス)ツールは日進月歩で進化するが、十分なデータを与えないと有効活用できない。一説では半分以下の効果」とデータ仮想化の重要性を強調した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1959文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]