チャット ウェブ会議 ファイル共有

進化する「Microsoft Teams」--広まる社外とのウェブ会議

チャットやウェブ会議ができる「Microsoft Teams」が登場してから3年が経った。さまざまな機能が利用できるようになっているが、新型コロナウイルスの影響からユーザー数が急増している。

 日本マイクロソフトは3月24日、同社「Microsoft Teams」が登場から3周年を迎えたのに際して米国で先ごろ発表された新機能を説明するとともに、Teamsの現状、新型コロナウイルスの影響、利用事例などを紹介した。

 Teamsは2017年3月、Office 365のチャットベースのワークスペースツールとして、25言語で提供を開始。2018年7月には無料版がリリースされ、2019年1月には現場の最前線で活躍する従業員向けに新たな機能も提供している。

 Teamsは、コラボレーションプラットフォームとして、チーム、会議、通話向けの機能を主に搭載している。

 チーム向けの機能は、チャットやファイル共有などにより、チーム内の生産性をあげ、人と人をつなげることに力が入れられている。会議については、社内だけでなく社外とのコミュニケーションを可能にしており、企業ではビジネスを止めないために、病院や教育機関では患者や生徒と常につながるために活用されているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2989文字 ログインして続きを読んでください。

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]