タブレット モバイル

「iPad Pro」(2020)入門--デュアルカメラやLiDARを備えるプロユーザー向け新モデル

アップルは米国時間3月18日、「iPad Pro」の2020年モデルを発表した。新しい「A12Z Bionic」チップやLiDARを搭載する新モデルの機能、スペック、価格などを解説する。

 「A12Z Bionic」プロセッサーチップを搭載した2020年版「iPad Pro」は、iPadタブレット史上最高の性能を持つ。このチップには8コアCPUと「Neural Engine」が搭載されており、Appleによると、新型iPad Proはほとんどの「Windows」ノートPCよりも強力で高速だという。

 CxOやITリーダー、その他のビジネスパーソンがAppleの2020版iPad Proについて把握できるように、最も重要な詳細情報をこの入門記事にまとめた。

どんなものなのか

 iPad Pro 2020は、AppleのProシリーズの最新iPadだ。ラインアップには、他に標準のiPad、「iPad mini」「iPad Air」がある。12.9インチのスクリーンを搭載した初代iPad Proは、2015年に発表された。2016年には9.7インチモデルが発表され、2017年には第2世代のiPad Proシリーズ(12.9インチモデルと10.5インチモデル)が登場した。1つ前のiPad Proは2018年に発売されたモデルだ。

 Appleは米国時間2020年3月18日、新型「MacBook Air」とともに新型iPad Proを発表した。Microsoftの「Surface Pro」やGoogleの「Pixelbook Go」といったライバル製品との競争力を高めるため、アップデートされたiPad Proにはビジネスユーザーへのアピール強化が見込まれる新しいハードウェア機能とソフトウェア機能が搭載されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2511文字 ログインして続きを読んでください。

「タブレット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]