オフィスソフト

「Excel」で重複を除いて平均値を計算--複雑な数式を使わない簡単な方法

「Microsoft Excel」で平均値を計算するときに、重複する値を除いた平均を求めたい場合は、どうすればいいだろうか。複数の関数を組み合わせた複雑な数式を使うこともできるが、もっと簡単な方法がある。

 「Microsoft Excel」で一連の値の平均値を求めるのは簡単で、ほとんどの場合、AVERAGE()関数で事足りる。データ範囲内のすべての値を対象とする限りは、それで問題ない。だが、特定の値を無視する必要がある場合は、どうすればいいだろうか。

 たとえば、Microsoft Excelのデータセットに重複する値が含まれているが、それぞれの値を1回だけ評価したいとしよう。つまり、重複を無視するということだ。その場合、AVERAGE()では計算できない。長い時間をかけて、数式を考え出してもいいが、もっと簡単な方法がある。ここでは、複雑な数式を使用せずに、重複を無視した平均値を求める方法を紹介しよう。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Office 365」(デスクトップ版)を使用しているが、古いバージョンを使っても構わない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxまたは.xlsファイルをダウンロードしてもいい。「重複の削除」ツールは古い.xls形式では使用できないが、代わりに「フィルターオプションの設定」を使用できる。このテクニックはオンライン版でサポートされている。

Microsoft ExcelのAVERAGE()関数について

 図Aは、重複する値を含む単純なデータセットの平均値を算出した結果だ。この関数について説明することはあまりない。皆さんが思っているとおりに機能する。結果は、値を合計して8で割った場合と同じだ。AVERAGE()は0を評価するが、空白は評価しない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1018文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]