コミュニケーション

リモートワーク実施で求められるポリシー制定--10のガイドライン

リモートワークを導入する企業が増えているが、適切に方針を策定できている企業は少ない。業務時間を固定するのか、生産性をどのように測るのかなど、リモートワーク向けポリシーの制定時に検討すべき10の事項について説明する。

 完全にリモートの仕事や在宅勤務のポリシーが、特にテクノロジー業界において増加している。451 ResearchのシニアアナリストであるRaul Castanon-Martinez氏は、一般に考えられているリモートワークの利点はその柔軟性であり、モバイルデバイスとクラウドベースのアプリケーションを活用することでリモートワークが可能になっている、と述べた。家にいても同じ仕事ができるとなれば、オフィスに出向くモチベーションは激減する。

 昔ながらのやり方で人員を配置している企業の場合は、業務時間の一部に限って従業員にリモートワークを許可し、事前確認することから始めている、とCastanon-Martinez氏は語る。しかし同氏は、やがてフルタイムのリモートワークに移行する人が増え、「労働力の『Uber化』」につながっていくと考えているという。

 確かに、Upworkの最新レポートでは、フルタイムで働く人の3分の1以上が今後10年間でリモートワークに移ると予想されている。現在は63%の企業で少なくとも一部の従業員がリモートワーカーとなっているが、大半の企業はリモートワークのポリシーを定めていない、と同レポートに記されている。

 とはいえ、ポリシーがないという状況は驚くべきことではない。「暗黙のポリシーや非公式のポリシーの方が一般的だ」とCastanon-Martinez氏は述べる。「その理由はおそらく、リモートワークを始めて間もない段階の企業が、試行錯誤をして経験を重ねている最中だからだろう」。リモートワークはまだ新しいコンセプトであり、企業はこれに適応していく必要がある。

 しかし、暗黙のルールは混乱を招きかねない。従業員がうまく業務をこなせるようにするには、働く場所がオフィスの中か外かを問わず、自分に求められることを把握する必要がある。リモートワークのポリシーが定められていないと、上司と部下との間で分断が生じるかもしれない。それは非生産的で無益なことだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2707文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]