コミュニケーション

リモートワーク実施で求められるポリシー制定--10のガイドライン

リモートワークを導入する企業が増えているが、適切に方針を策定できている企業は少ない。業務時間を固定するのか、生産性をどのように測るのかなど、リモートワーク向けポリシーの制定時に検討すべき10の事項について説明する。

 完全にリモートの仕事や在宅勤務のポリシーが、特にテクノロジー業界において増加している。451 ResearchのシニアアナリストであるRaul Castanon-Martinez氏は、一般に考えられているリモートワークの利点はその柔軟性であり、モバイルデバイスとクラウドベースのアプリケーションを活用することでリモートワークが可能になっている、と述べた。家にいても同じ仕事ができるとなれば、オフィスに出向くモチベーションは激減する。

 昔ながらのやり方で人員を配置している企業の場合は、業務時間の一部に限って従業員にリモートワークを許可し、事前確認することから始めている、とCastanon-Martinez氏は語る。しかし同氏は、やがてフルタイムのリモートワークに移行する人が増え、「労働力の『Uber化』」につながっていくと考えているという。

 確かに、Upworkの最新レポートでは、フルタイムで働く人の3分の1以上が今後10年間でリモートワークに移ると予想されている。現在は63%の企業で少なくとも一部の従業員がリモートワーカーとなっているが、大半の企業はリモートワークのポリシーを定めていない、と同レポートに記されている。

 とはいえ、ポリシーがないという状況は驚くべきことではない。「暗黙のポリシーや非公式のポリシーの方が一般的だ」とCastanon-Martinez氏は述べる。「その理由はおそらく、リモートワークを始めて間もない段階の企業が、試行錯誤をして経験を重ねている最中だからだろう」。リモートワークはまだ新しいコンセプトであり、企業はこれに適応していく必要がある。

 しかし、暗黙のルールは混乱を招きかねない。従業員がうまく業務をこなせるようにするには、働く場所がオフィスの中か外かを問わず、自分に求められることを把握する必要がある。リモートワークのポリシーが定められていないと、上司と部下との間で分断が生じるかもしれない。それは非生産的で無益なことだ。

 ここでは、リモートワークポリシーを制定するための10の指針を紹介する。

1. 適格性

 まず、企業はどのような職務がリモートワークに適しているのかを見極め、それをポリシーに明記する必要がある。GartnerのアナリストであるCarol Rozwell氏は、作業内容と業務モデルを分析することで、オフィスを離れても可能な仕事や、オフィスの外でするべき仕事を判断できると述べた。同氏は自らを例に挙げて次のように説明する。「今、私があなたと電話で話しているとしよう。私がどこで話しているかは問題ではないし、あなたがどこから電話をかけたかは重要ではないはずだ」

 しかし、リモートで作業できそうな仕事はまったくないという企業もあるだろう。リモートワークに適した職務がないのであれば、最初からその旨を明言しておくべきだ。そうすれば今後、リモートワークに関する要望や問い合わせを受けることがなくなる。

2. 業務時間

 リモートワークを許可するなら、要求する業務時間について、ポリシーに概要を示しておくべきだ。午前9時から午後5時までの勤務を例外なく求めるにせよ、スケジュール設定を従業員に任せるにせよ、ポリシーに記載しておく必要がある、とCastanon-Martinez氏は述べる。

 業務時間に関する要件をあらかじめ制定しておくことで、決められた時間に基づいて働く従業員が不満を感じる可能性を排除できる。ある人は自分でスケジュールを決められるが、ある人は所定の時間に働かなければならないということになると、不公平感が生まれるかもしれない。

3. 応答の速さ

 Castanon-Martinez氏は、応答時間について具体的なルールを設定し、適用することも推奨している。同僚からの問い合わせに直ちに対応することをリモートの従業員に求めるかどうかを規定するとともに、コミュニケーションを取る方法についても指定しておく必要があるという。

 コミュニケーションに関する要求事項を整理しておけば、上司と部下の関係が風通しの良いものとなり、求められる生産性について心配する人や、情報を与えられないまま放っておかれる人はいなくなる。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]