PaaS サイボウズ

「Excel」ファイルが乱立--データを管理しきれなくなったらどうする?

「kintone」は業務アプリを構築できるクラウドサービス。この連載では、企業が抱えるよくある課題をkintoneでどのように解決できたのかを紹介する。今回は、「Excel」ファイルが乱立してデータを管理しきれなくなったケースだ。

 企業課題を解決するために、ITを活用したい。多くの企業がそう考えてはいるものの、何をしていいのかが悩みどころ。目的に特化したクラウドサービスを導入したり、システムをイチから開発したりすることもあるだろう。そんな選択肢の一つが「kintone」だ。

 kintoneはサイボウズが提供している業務アプリを構築できるクラウドサービス。企業が業務で利用するシステムをプログラミングなしで作成できるのが特徴だ。現場で働く人たちが直接システム構築に携わるので、意図した用途のアプリを短時間で作成できると人気を集め、すでに1万2000社以上が導入している。

 Kintoneは簡単に言うと、どんな業種でもどんな人にでもマッチし、柔軟でカスタマイズされたシステムを構築できる。しかし、何でもできるという特性から、触ったことがない人にとっては具体的にどんなメリットがあるのかわかりにくいというネックがある。

 筆者は、ここ数年、kintone関連の仕事を多く手がけており、大きなイベントやサイボウズ、関連企業への取材を日々行っている。現在は、メディアからだけでなく、様々な企業からkintoneやそのプラグインの導入事例記事の作成も請け負っている。

 そこで、本記事では数多くの事例を直接取材してきた経験から、企業が抱えるよくある課題をkintoneでどのように解決できたのかを紹介する。第1回は、「Excel」ファイルが乱立してデータを管理しきれなくなったケースを取り上げる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2844文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]