クラウドサービス

「Google マップ」大好き人間だから伝えたい“推し小技”--2020年上半期版(3)

サービス開始15周年を迎えた「Google マップ」。この連載では、同サービスの便利な小技を紹介する。今回は、通勤ルートを短時間で検索する方法などを解説する。

 2005年2月8日に誕生した「Google マップ」。2020年同日にサービス開始15周年を迎え、アイコンが刷新されたのも記憶に新しい。小さな地図を表現していたアイコンから、Googleのロゴと同じ色のピンに変更された。

 Google マップ一筋になってどれくらい経つかわからない。Google マップがなんとも使い心地が良く、移動に関するあらゆることをサポートしてくれるため、日頃参照する地図といえば、Google マップだけだと言っても過言ではない。

 そんなGoogle マップ大好きな筆者が、2019年に続き2020年も、Google マップの素敵な技の数々を随時取り上げていきたい。本連載では、業務効率化・合理化に役立つGoogle マップ便利技を3つずつ4回にわたって紹介する。今回はその第3回目で、「iPhone SE」で使う場合を想定。

1.個人的なコンテンツを地図上に反映し、一目で予定を確認できるようにする

 同じGoogle マップでもAさんの見ているものとBさんの見ているものとでは、ちょっと様子が違う。その理由は、Google マップが個人的なコンテンツを地図上に反映してくれるからだ。

 もし、Google マップを自分の予定を反映した、オリジナル要素あふれる画面にしたいなら、予めひとつ設定をしておきたい。

 画面右上にある丸いアイコンをタップ→「設定」→「アカウント設定」→「個人的なコンテンツ」の「個人的な予定」をオンにしよう。

 こちらをオンにしておくと、「Google カレンダー」と「Gmail」から取得した今後の予定に基づいて、地図上に注釈が表示される。

 例えば、予約した飲食店やホテルからのメールをGmailに受信し、Google カレンダーに予定が自動的に挿入されている場合、地図上にはそれらの施設を利用する該当日時が表示される。

 ひと目で「どこを、何月何日、何時に予約している」ということがわかるのは、なかなか便利な機能だと実感することだろう。

2.ローカルガイドとして自分の記録を残し、また行く場所を参照しやすくする

 自分がよく行く場所や記録に残しておきたい場所があれば、投稿機能を使うといい。画面下の「投稿」ボタンをタップしてみよう。

 Google マップでクチコミを投稿したり、写真を共有したり、場所の追加や編集を行ったり、情報を確認したりするユーザーの世界的コミュニティー「ローカルガイド」として既に活動している場合は、ローカルガイドのマイページに飛ぶ形だ。

 ローカルガイドになる方法は簡単で、自分のGoogle アカウントでローカルガイドとして登録し、現在地を選択するだけでOK。

 ローカルガイドとして活動すると、Google マップで、場所に関するクチコミや写真の投稿、場所の追加や編集、情報の更新を行うたびにポイントが加算され、独自の特典が受けられるようになる。

 例えば、写真の投稿をする枚数によっても、加算されるポイントは変わってくる。投稿できる“材料”は多く持っておくに越したことはない。

3.事前の住所登録・通勤タブを活用し、通勤ルートを短時間で検索する

 画面下の「保存済み」→「ラベル付き」には、自宅や職場の住所を登録しておくことができる。移動ルートを考えるのに、なにかと使う機会が多いのが自宅や職場の住所である。登録しておいて損することはない。

 こちらを登録しておけば、画面下の「通勤」をタップすると、現時刻の約5分後に出発する直近の電車を筆頭に、いくつもの通勤ルートが表示される。時間の経過に併せて、情報はリアルタイムに更新される。

 画面上部には「職場まで」とあるが、その横にある3つの丸が横に並んだボタンをタップすると「自宅に戻る」を選択できる。こちらをタップすると、職場から自宅までのルートが表示される。

 乗換案内アプリで、いちいち文字入力して検索するよりも、Google マップの「通勤」タブを使えば、一瞬で通勤ルートを検索できるため、時短化も大いに期待できる。

 第4回目に続く。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]