コールセンター・コンタクトセンター

コールセンターでの顧客対応--感情分析を活用して売り上げを伸ばす

コールセンター担当者が顧客の感情を理解できるようになることで、売り上げを伸ばせる可能性がある。

 顧客があなたの会社とその製品についてどのように感じているのかを理解することは、常に難しい問題である。対面でのやりとりではなく、Eコマースを通しての取引が増えていることを考えると、なおさらだ。この問題を最も痛切に感じているのがコールセンターだ。

 カスタマー・エクスペリエンス・インテリジェンス・ソフトウェアを提供するCalabrioの最高製品責任者(CPO)であるMatt Matsui氏は、「歴史的に、コールセンターはインバウンドコールセンターだった。つまり、コールセンターエージェントは顧客からの質問には答えるが、販売やアップセリングにはそれほど関与しない」と話す。

 過去数年にわたって、コールセンターエージェントの役割が変わり始めている。エージェントは以前よりも高い給料を受け取り、販売業務に移行するようになっている。この移行を進めるために、製品と会社に対する顧客の印象についてのリアルタイムインテリジェンスをコールセンターエージェントが実際の会話中に利用できることが必要になる。会話中に音声ベースのコミュニケーションに分析を適用すれば、こうしたインテリジェンスの提供が可能になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1566文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説
  2. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  3. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  4. デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ
  5. ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]