クラウドストレージ Dropbox

場所に縛られない働き方の準備と実際

リモートワークの重要度が増加している。Dropbox Japanでテクニカルアーキテクトを務める岡崎氏が、自社やユーザーの経験をもとにリモートワークでDropboxを活用する方法を紹介する。

 Dropboxでは、新型コロナウイルス(COVID-19)への感染拡大を防ぐための予防措置として、日本では2月18日から、世界各拠点では3月9日から社員に自宅で仕事をするよう要請がありました。私たちは、社員とその家族、そして地域の安全と健康を優先したいと考え、自社での経験をもとにリモートワークを実施する際の環境づくりなどの情報を積極的に公開しています。

 本連載では、Dropbox自身の経験と、すでに「Dropbox Business」をご導入いただいている利用企業のみなさまからのご要望、フィードバックなどを考慮しながら、今まさにリモートワーク環境の整備に取り組まれているみなさまの一助となるよう、場所に縛られない働き方についてご紹介します。

 「いきなり製品を導入するのはハードルが高い」と思う方もいらっしゃると思いますが、無料版でも業務にご活用いただけるツールがたくさんあります。私たちが提供している無料版「Dropbox」はもちろん、ビデオ会議ソフトやビジネスコミュニケーションチャットも、無料でお試しいただける機能があります。

 業界ごとのそれぞれ特有のさまざまな事情があり、リモートワークへの切り替えが容易ではない場合も多いかと思います。その場合でも、時差通勤にしたり、一部のチームや個人の業務を在宅に切り替えたりするなど、選択肢を増やす参考にできる部分があるはずです。まずは色々と試してみたい、というみなさまのご参考になるようお伝えしていきます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1333文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]