PaaS

「Google Cloud Platform」でファイルストレージバケットを作成するには

ファイルストレージバケットは、あらゆる非構造化データを格納できるサーバーのことだ。「Google Cloud Platform」でファイルストレージバケットを作成する方法を紹介する。

提供:Google
提供:Google

 「Google Cloud Platform」などのSoftware as a Service(SaaS)プロバイダーは、洗練されたクラウドベースのITインフラストラクチャーへのアクセスを、同様のオンプレミステクノロジーよりもはるかに安いコストで、あらゆる規模の企業に提供する。多くの企業にとって、クラウドベースのコンピューティングはITの標準的な既定の運用プロセスである。

 SaaSプロバイダーを通して展開される一般的なITインフラストラクチャーの1つにストレージサーバーがある。さまざまな種類のストレージサービスが提供されているが、最も一般的なものは、ファイルストレージバケットとして知られている。一般に、ファイルストレージバケットとは、ありとあらゆる非構造化データを格納できるサーバーのことだ。

 過去のチュートリアルで、Google Cloud Platformのコンソールを使用して仮想マシン(VM)を作成する方法を紹介した。しかし、VMは具体的な目的があった方がはるかに便利である。このチュートリアルでは、Google Cloud Platformが提供するクラウドベースのサービスを使用して、ファイルストレージバケットを作成および設定する方法を紹介する。

GCPでファイルストレージバケットを作成する方法

 Google Cloud Platform(GCP)でサービスを作成または設定するには、以下の手順を実行する。

1. 管理者権限を持つアカウントを使用してGCPにログインする。

2. プロジェクトを選択した後、標準のGCPダッシュボードで左側のナビゲーションバーを下にスクロールして、「Storage」(ストレージ)セクションを見つける。

3. 「Storage」(ストレージ)>「Browser」(ブラウザ)の順にクリックして、標準のストレージダッシュボードを表示させる(図A)。

図A


「PaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]