バックアップ Veritas Technologies

米公共部門への攻撃は2倍--ベリタス、ランサムウェア対策への有効性を強調

ベリタステクノロジーズは「データ損失と復旧までのコストが重要。(ランサムウェアの被害は)減少傾向にあるとされるが、被害額は増加している」として、ランサムウェア対策に注力すべきと主張する。

 ベリタステクノロジーズは3月18日、ランサムウェア対策に関する記者説明会を開催した。同社の説明によれば、中央官庁と地方自治体を含む米国公共部門が受けた2019年のランサムウェア攻撃数は2016年の2.18倍、13%の組織がデータ消失を経験しながらも、全体の44%がデータ復元計画を用意せず、計画があったとしても計画をいつテストしたのか把握していない。

 米国土安全保障省(Department of Homeland Security:DHS)傘下でサイバーセキュリティ保護の改善を目指す諮問機関のCybersecurity and Infrastructure Security Agency(CISA)が1月に発表した「CISA Insights」では、オフラインバックアップの重要性を掲げている。ベリタスのテクノロジーセールス&サービス本部 常務執行役員 高井隆太氏は「データ損失と復旧までのコストが重要になっている。(ランサムウェアの被害は)減少傾向にあるという調査結果もあるが、被害額は増加している」と自社製品を用いたランサムウェア対策をアピールした。

ベリタステクノロジーズ テクノロジーセールス&サービス本部 常務執行役員 高井隆太氏
ベリタステクノロジーズ テクノロジーセールス&サービス本部 常務執行役員 高井隆太氏

 調査会社のEnterprise Strategy Group(ESG)が2019年12月に発表した調査結果によれば、米英企業658社のうち60%がランサムウェア攻撃を経験している。産業分類もテクノロジー企業が84%とトップに立ち、その後をヘルスケア(75%)、エデュケーション(68%)と続く。

 日本の情報処理推進機構(IPA)が2020年1月に発表した「情報セキュリティ10大脅威2020(組織編)」を見ると、ランサムウェアの脅威は昨年(2019年)3位から5位に低下したものの、ベリタスは冒頭で紹介した見解を述べつつ、米本社が調査した結果を引用した。高井氏は「30日以内にテストを実施した組織は21%、60日以内(14%)、90日以内(5%)と続くが、1年前に実施したのは17%。変化が激しい現代のIT環境を踏まえると、1年前のテストが有効なのか疑問が残る」と所見を語った。

 ベリタスは現在、レジリエンス(復元力)の自動化で可用性を高める「Resiliency Platform」、データの可視化から洞察を得る「Information Studio(旧Information Map)」、定番のバックアップソフトウェアである「NetBackup」などを組み合わせたデータプラットフォーム戦略「Veritas Enterprise Data Services Platform」を推進している。

 NetBackupを核に各製品群を組み合わせることで、バックアップと復元は当然ながら、バックアップデータの活用を可能にするビジョンの1つだが、同社はEnterprise Data Services Platformがランサムウェア対策にも有効だと語る。

 Information Studioは20以上の主なオンプレミスサーバーや、クラウドサービスに格納した非構造化データを可視化するコントロールプラットフォーム。2019年9月にリリースしたInformation Studio 1.1では、分類エンジンによるポリシーベースのタグ付けやファイルのメタ情報で選別し、ダッシュボードを通じてデータの可視化や分類、データ属性に応じた検索とデータの最適配置や削除といった操作を可能にしている。

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]