コミュニケーション

今こそ考えたい--どんな状況でも事業を継続させるために検討すべき7つの要素

依然として新型コロナウイルス感染の収束が見通せない。こうした異常事態でも事業を継続させるための事業継続計画(BCP)に欠かせない7つの要素をまとめた。

 地震や津波、台風、洪水、暴風雪、伝染病、竜巻、テロ、火災、あるいは断水やオフィスの引っ越しなど比較的軽微な出来事も含め、ビジネスに中断をもたらすあらゆる状況について考えるのは楽しいことではありません。これはまた経営者やIT分野のリーダーたちを眠れなくする原因でもあります。そのための最善の対策はどんなものか?

 影響を最小限に抑え、いかなる状況においてもビジネスを維持することのできる、信頼できる確実な事業継続計画(BCP)がそれです。以下にBCPに不可欠な7つの要素を紹介します。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2280文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]