セキュリティ クラウドサービス

クラウドの設定が招く情報漏えい--世界全体の損失額は推定5兆ドル

DivvyCloudのレポートによると、クラウドの不適切な設定が原因の情報漏えいによって、2018年と2019年に世界の企業で約5兆ドルの損害が発生したという。同社のレポートから必要な対応策を考える。

 クラウドの不適切な設定が原因で発生した情報漏えいにより、全世界の企業が2018年と2019年に推定5兆ドルの損失を被ったことが、クラウドセキュリティ企業DivvyCloudの調査で明らかになった。

 DivvyCloudの「2020 Cloud Misconfigurations Report」では、米国時間2018年1月1日から2019年12月31日までに世界で公表されたすべてのデータ漏えいが調査対象となり、196件の漏えいの主な原因が、明らかにクラウドの設定不備であったことが確認された。

 多数の企業が適切なセキュリティシステムを用意せずにクラウド環境に移行しており、この2年間で漏えいした記録は330億件を超える。

 DivvyCloudの共同創設者で、最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Johnson氏は、「近年はクラウドの不適切な設定から生じたデータ漏えいがニュースを賑わせているが、こうしたインシデントの大半は回避可能なものだ」と述べた。

 Ponemon Instituteが2019年に発表したレポートでは、漏えいした記録1件あたりの損失額の世界平均が150ドルとされており、DivvyCloudの研究者はこのデータを基に、クラウドの設定不備が原因のデータ漏えいによって過去2年間で発生した損失を5兆ドル超と推定した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3107文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]