RPA

グリー、RPAロボットの運用管理も自動化--シナリオ間のタイムロスも解消

グリーはRPAによるロボットの利用が拡大するにつれて発生する課題として「起動ボタンを押し忘れたらロボットが動かない」「エラー発見に気付くのが遅れれば、業務が滞る」といったリスクを抱えていた。

 グリー(港区、グループ従業員数1712人)はロボティックプロセスオートメーション(RPA)の利用拡大で発生する課題を「JP1/Client Process Automation(JP1/CPA)」で解決したという。提供するアシストが3月12日に発表した。

 2004年12月設立のグリーはゲームのほかにメディアや広告などの事業を展開。経理や会計の業務自動化や経費精算システム、稟議システムなどさまざまな業務システムのデータ連携手段としてRPAで開発したロボットを活用していた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1334文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]