RPA

グリー、RPAロボットの運用管理も自動化--シナリオ間のタイムロスも解消

グリーはRPAによるロボットの利用が拡大するにつれて発生する課題として「起動ボタンを押し忘れたらロボットが動かない」「エラー発見に気付くのが遅れれば、業務が滞る」といったリスクを抱えていた。

 グリー(港区、グループ従業員数1712人)はロボティックプロセスオートメーション(RPA)の利用拡大で発生する課題を「JP1/Client Process Automation(JP1/CPA)」で解決したという。提供するアシストが3月12日に発表した。

 2004年12月設立のグリーはゲームのほかにメディアや広告などの事業を展開。経理や会計の業務自動化や経費精算システム、稟議システムなどさまざまな業務システムのデータ連携手段としてRPAで開発したロボットを活用していた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1334文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]