セキュリティ

リモートワークのセキュリティ対策--在宅勤務導入時のベストプラクティス

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リモートワークを取り入れる企業が増えている。在宅勤務でもサイバーセキュリティを確保する方法について、専門家の意見を聞いた。

 新型コロナウイルスの脅威が拡大するなか、世界中の企業が従業員向けのリモートワークステーションの設置を急いでいる。安全なサイバーセキュリティ慣行を維持することが不可欠だが、すべてを大慌てで準備しているときには、何らかの手順を見落としがちだ。従業員の在宅勤務を可能にしつつ、自社のデータを確実に保護する最善の方法について、サイバーセキュリティ専門家のアドバイスを紹介する。

 全従業員用のリモートワークシステムをすでに確立している企業なら、おそらくマルウェア対策を講じているはずだ。しかし、新たに移行するスタッフがいる場合は、強固なサイバーセキュリティを確保することが非常に重要になる。

サイバーセキュリティに関する専門家の意見

 「コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、多くの組織はリモートワーク導入のペースを速めざるを得なくなっている」。こう述べるのは、LogMeInの最高情報セキュリティ責任者(CISO)を務めるGerald Beuchelt氏だ。同社では現在、従業員に出勤を求めていない。「事業継続計画を維持して、業務中断のリスクが高い出来事にチームが対応できるようにしておくことが重要だ」

 Beuchelt氏は続けて次のように述べた。「リモートワークを実現にするには、IT、セキュリティ、HR、ビジネスオペレーションの各部門が事前に調整して、プログラムを確実に成功させる必要がある。セキュリティトレーニングや意識向上プログラムによって、『サイバースマート』な行動を職場だけでなく自宅でも促す(最新のファイアウォール/ルーター、強力なパスワードの使用、パッチの適用など)ことも、従業員と組織の安全を守るうえで非常に効果が大きい。これらの基本的な対策は、ウイルスやその他のマルウェアの撃退に極めて有効だ」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4509文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]