デスクトップ仮想化 情報漏えい対策 横河レンタ・リース

162拠点2300台のWindows Updateを効率化--WSUS使わず、分散で回線負担減

Windows 10に刷新した早稲田アカデミーは、Windows Updateのネットワーク負荷軽減策として「FlexWork Place Unifier Cast」などを活用。OS以外のアプリケーションのアップデート管理体制を構築している。

 進学塾を運営する早稲田アカデミー(豊島区、連結従業員数877人)は、「Windows 10」運用管理サービス「FlexWork Place Unifier Cast」、アプリケーションインストール管理ソフト「FlexWork Place AppSelf」を採用。首都圏162校、2300台の業務用PCで活用しているという。3月10日、開発、提供する横河レンタ・リース(新宿区)が発表した。

 同社は2019年11月、Windows 10へリプレース完了。当初は「Windows Server Update Services(WSUS)」や導入済みのIT資産管理ツールのアップデート機能を使用することを考えていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1581文字 ログインして続きを読んでください。

「デスクトップ仮想化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]