デスクトップ仮想化 情報漏えい対策 横河レンタ・リース

162拠点2300台のWindows Updateを効率化--WSUS使わず、分散で回線負担減

Windows 10に刷新した早稲田アカデミーは、Windows Updateのネットワーク負荷軽減策として「FlexWork Place Unifier Cast」などを活用。OS以外のアプリケーションのアップデート管理体制を構築している。

 進学塾を運営する早稲田アカデミー(豊島区、連結従業員数877人)は、「Windows 10」運用管理サービス「FlexWork Place Unifier Cast」、アプリケーションインストール管理ソフト「FlexWork Place AppSelf」を採用。首都圏162校、2300台の業務用PCで活用しているという。3月10日、開発、提供する横河レンタ・リース(新宿区)が発表した。

 同社は2019年11月、Windows 10へリプレース完了。当初は「Windows Server Update Services(WSUS)」や導入済みのIT資産管理ツールのアップデート機能を使用することを考えていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1581文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]