データ分析

SMBによるデータ分析への投資--相応の価値を得られていない可能性

Onepathの調査結果によると、ビジネス分析に投資したSMBはおそらくそれに見合った価値を得られていないという。

 マネージドテクノロジーの提供を手がけるOnepathが発表した調査結果は、中小規模企業(SMB)でビジネス分析を利用しているユーザーにとって、警鐘となるはずである。その調査結果とは、分析に投資したSMBはおそらくそれに見合った価値を得られていない、というものだ。

 SMBの67%が分析のソフトウェアと人材に年間1万米ドル以上を費やし、75%が分析に関連するメンテナンスタスクに少なくとも年間132時間を費やしているにもかかわらず、リーダーの86%は分析をもっと効果的に活用できるはずだと述べている。

 ビジネス分析は巨額の投資だが、優れたビジネスデータ分析は非常に大きな成果をもたらすこともある。調査回答者はそのことを理解しているようだ。分析を利用できなくなれば、生産により長い時間がかかるようになって、顧客サービスに遅延が生じ、不利益な経営判断が下される原因になるだろう、と50%以上が述べた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1168文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  2. 在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例
  3. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  4. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]