ERP

2020年のERPベンダートップ10--各製品の特徴と強み

ERPの導入においては、隠れたコストや必要なリソースを把握し、自社に合った製品を選ぶことが重要だ。Panorama Consulting Groupが選出した10社のERPベンダーと、各製品の機能を紹介する。

 新しい統合基幹業務システム(ERP)の利点を訴えて導入を推進しようとしているITマネージャーや企業幹部は、利害関係者が導入に慎重である場合、苦しい戦いを強いられることになるだろう。

 新システムの導入に伴う隠れたコスト、追加のサービス、社内リソースについては、多くの企業が懸念している。したがって、そのような動きに関連するリソースをすべて評価することが極めて重要だと、専門家は指摘する。

 先ごろ公開されたレポートによると、2020年のトレンドはモノのインターネット(Internet of Things:IoT)とビジネスインテリジェンスの統合に向かっているという。たとえば、機械のメンテナンスが必要なときにIoTからアラートが送信される。このセクターもクラウドへの移行が進行中だ。

 Panorama Consulting Groupのレポートでは、企業が自社に最適な製品を判断できるように、多数のソフトウェアベンダーの機能を比較した。また、独立系コンサルタントなどの外部の専門家に意見を求めるべきケースについても取り上げている。

 レポートでは、「EコマースとCRM機能に大いに注力している」ベンダーが非常に多いとされている。また、クライアントは現在のシステムをカスタマイズするのではなく、すぐに使用できるソリューションを選択するようになった。

 IT担当者は、新しいベンダーへの移行を目指す場合、強力なプロジェクトチームの結成、利害関係者の参画、新ソフトウェアの要件定義を最大の目標とすべきだ。

 以下では、Panoramaが選ぶERPベンダーのトップ10を順不同で紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3489文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]