コミュニケーション

レジリエンスを向上--日常業務にBCPを埋め込むためのリモートワークを考える

事業継続計画(BCP)はいったん立てれば終わりというものではない。常に外部環境の変化に対応して更新し続ける必要がある。そうした点で考えると、日常業務にBCPを埋め込むという選択肢も出てくる。

 日常業務にはあらゆる原因で中断が発生し得ます。企業規模の大小を問わず、従業員の仕事を妨げるようなイベントが発生します。このような業務中断は、自然災害からIT関連のインシデントあるいは通信障害など、数々の原因によって引き起こされます。問題は、私たちにどの程度の備えができているかです。

 企業の災害復旧(DR)計画がテクノロジーのうちのコアとなる要素、データセンター、クリティカルなインフラストラクチャとシステムに注力するのに対し、事業継続計画(BCP)は、このようなイベントによる業務への影響を最小限に抑える、あるいは完全に防止することを目的とし、より幅広く組織全体を対象とします。

 たとえばITシステムにはまったく問題ないが、従業員がそれにアクセスできない状況を想定してみてください。職場へ辿り着くことができず、また職場がリモートワークに対応していないとします。このような状況で業務を継続するにはどうすれば良いでしょうか?

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2456文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]