開発ツール

ローコード開発の可能性--有用なユースケースを考える

ローコード開発は、プログラミングの知識がないユーザーだけのものではなくなってきている。ソフトウェア企業WaveMakerの幹部がローコードの用途について語った。

 Gartnerによると、ローコード開発2024年までに65%以上のアプリケーション開発で使われるようになるという。

 ソフトウェア企業WaveMakerの製品管理担当シニアディレクターであるMayur Shah氏は、ローコードプラットフォームによって事業部門と開発者のコラボレーションが進み、ビジネスに長期的な影響が及ぶ可能性があると述べた。

 「新しいアプリケーションを開発する際に、関係者とソフトウェア開発者が繰り返し協力して取り組めることが、ローコードプラットフォーム特有の利点だ」と同氏は語る。

 このようなビジュアル的な操作によるソフトウェア開発は、マーケティング部門や経理部門を越えて、ソフトウェア開発者の手に戻りつつある。テクノロジーが専門ではない事業部門向けに作られたローコードプラットフォームもあるが、WaveMakerの製品は、アプリ開発プロセスを簡便化することで、IT部門の生産性を高められるように設計されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2320文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]