グループウェア ネオジャパン

グループウェア「desknet's NEO」最新版、スケジュール強化--組織で共有

グループウェアの最新版「desknet's NEO V5.5」の提供が開始した。スケジュールと設備予約が改善され、登録先から“組織”を選べるようになった。

 ネオジャパンはグループウェアの最新版「desknet's NEO V5.5」の提供を2月26日から開始した。税別価格はクラウド版が1ユーザーあたり月額400円、パッケージ版が5ユーザーで3万9800円となっている。

 最新版では、スケジュールと設備予約が改善されている。登録先から“組織”を選べるようになった。組織スケジュールは、部署やチームの単位で利用できる共用のスケジュール。出張や休暇、納期などを部や課、チームの単位で共有できるようになる。

 登録先選択時に「組織別」タブを開くと、エンドユーザーの代表組織が初期表示されるといったカスタマイズが可能になる。スケジュールの「複写して追加」よりもスムーズに登録できると説明。エンドユーザーが所属する部や課、チームの組織スケジュールが個人の予定の下に表示され、確認することができる。

 アンケートも機能が改善されている。「組織」を指定したアンケートの送信、アンケートの開始や終了の日時の設定、アンケート作成者の権限設定が可能となっている。

部門での出張予定も共有可能(出典:ネオジャパン)
部門での出張予定も共有可能(出典:ネオジャパン)

 業務アプリケーション作成ツール「AppSuite」との連携も強化されている。AppSuiteで作成した業務アプリケーションの任意の日時や日付部品にある日付をもとに月間カレンダー形式でデータを表示可能。AppSuiteで作成した業務アプリケーションに登録されたデータをもとにdesknet's NEOのスケジュールに予定が追加できるようにもなっている。

 AppSuiteで作成した業務アプリケーションにあるデータは、コマンドラインツールでリモートからCSVファイルにエクスポートすることが可能となった。データ一覧取得APIを使って外部のシステムからAppSuiteのデータを検索、取得することもできるようになっている。

「グループウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]