その他セキュリティ アイ・ティ・アール

国内CASB市場、前年度比93%増--ガバナンス強化やシャドーIT対策で急拡大

パブリッククラウド活用時のセキュリティ対策「CASB」が急拡大。ITRは次世代セキュリティ対策の中心になると伝えている。

 アイ・ティ・アール(ITR)は3月3日、国内のCASB(Cloud Access Security Broker)市場予測を発表した。2018年度の売上金額は前年度比76.9%増の11億5000万円。クラウドサービス利用企業の増加に伴い、可視化、ガバナンスやシャドーIT対策、企業が許可する“サンクションIT”の管理などを目的に導入が急拡大しているという。

 CASBは、ユーザー企業と複数のパブリッククラウドサービスの間で単一のコントロールポイントを設定し、各サービスの安全性の確認、利用状況の可視化、保護や制御などを提供する製品やサービス。

 データの暗号化、認証強化、情報漏洩対策など、安全にクラウドサービスを利用できるソリューションとしての需要が増加。参入ベンダーも増え、2019年度の売上金額を93.0%増と予測。“非常に高く伸びる”としていた前年度の予測をさらに上方修正している。

 ITR コンサルティング・フェローの藤俊満氏は、「社内システムのクラウド環境への移行、クラウドサービスへの切り替えに伴い、クラウド利用が急激に増加している。クラウドサービスは安価かつ簡単に利用できる一方、シャドーIT対策やサンクションITのコントロールが必要。CASBは、次世代セキュリティ対策の中心となるサービスであり、今後も市場は拡大していく」とコメントしている。

2017~2023年度のCASB市場規模推移および予測(出典:ITR)
2017~2023年度のCASB市場規模推移および予測(出典:ITR)

「その他セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]