コラボレーション

「Slack」にアプリを追加するには

「Slack」では、アプリを数クリックで追加して、機能セットを拡張することが可能だ。ここでは、その手順を紹介する。

 読者の皆さんは、「Slack」にアプリを追加して、機能セットを拡張できることをご存知だろうか。それは本当だ。数回クリックするだけで、「Google Calendar」や「Google Drive」「Giphy」「Trello」「Simple Poll」「Twitter」「IFTTT」、RSS、「Outlook Calendar」「Zoom」「Bitbucket Cloud」などのアプリを皆さんの忙しいワークスペースにインストールできる。実際には、これらのアプリの多くは、アカウントを統合したり、Slackがさまざまなアカウント(Google Calendarなど)を通してユーザーにリマインダーを送信できるようにしたりする手段でしかない。その一方で、適切な機能を追加して、Slackの生産性をさらに高めてくれるアプリもある。

 注:すべてのワークスペースがアプリの追加を許可しているわけではない。これが可能かどうかは、Slack管理者がワークスペースをどれだけ強固に封鎖しているかによる。ただし、ワークスペースでアプリのインストールが許可されている場合は、この機能を無視すべきでない。

 2つ目の注意点は、デスクトップまたはウェブベースのクライアントからしかアプリを追加できないことだ。とはいえ、インストールされたアプリはモバイルクライアントを無視しない。そのため、Google CalendarやRSSの通知は「Android」版や「iOS」版のSlackでも受信できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1098文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]