コミュニケーション

リモートワーク移行の落とし穴--マネージャーが注意すべき点

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増加している。マネージャーは生産性を気にしがちだが、チームメンバーの交流や、勤務状況の確認の方法についても意識しなければならない。

 新型コロナウイルスの蔓延を受けて、企業が出張の制限や事業の中断を実施する中で、思いがけずリモートワークに移行する人が増えている。そのため、マネージャーと従業員は日々の習慣とコミュニケーションの方法を調整し、この新しい働き方に適応しなければならない。テクノロジーを利用すれば連絡を取り合うのは簡単だが、意図せず生じる対話の利点が失われてしまう。それによって生産性に及ぶ影響は、マネージャーが考えている以上に大きい可能性がある。

 マネージャーは自分の目で見て従業員の状況を把握し、そうやって信頼関係を築いていたが、従業員がリモートワークを始めると、それができなくなる。従業員が正しいことをしていると証明しない限り、マネージャーは従業員が間違ったことをしていると考える傾向がある。

 GartnerのHRプラクティスの調査を統括するBrian Kropp氏によると、マネージャーはリモートの従業員に対応する際に、1つ重要なことを変えなければならないという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2084文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]