オフィスソフト

「Excel」での検索を効率的に--VLOOKUP()関数とコンボボックスを組み合わせる方法

「Excel」のオートコンプリート機能は通常、値を入力する際に使用するが、VLOOKUP()関数とコンボボックスを組み合わせることで、値の検索にも使用することができる。

 「Microsoft Excel」でのデータ入力は、オートコンプリート機能がサポートしてくれる。この機能をよく使う人も多いだろう。便利で、データ入力時のキー入力回数が減り、タイプミスの防止に役立つ。手軽で便利な機能だ。このオートコンプリート機能を使用してデータを検索できたとしたら、とても助かるのではないだろうか。実のところ、それができる。

 Excelのコンボボックスでオートコンプリート機能をVLOOKUP()関数と組み合わせる方法を紹介しよう。このコントロールにより、オートコンプリート機能を利用して文字で検索し、リンクされた関数によって、検索文字と一致した値に対応する値が返される。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Office 365」(デスクトップ版)を使用している。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsmファイルをダウンロードしてもいい。このテクニックは、Excelのブラウザー版とメニューバージョンでは利用できない。

Excelで基本的な検索を実行する方法

 やろうとしているのは、1文字ずつ入力して、最初に一致する値とそれに対応する値を表示させることだ。Excelのオートコンプリート機能はデータの入力に使える。この機能で既存の値の列を検索することはできない。これは新しい値を入力するための機能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4241文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]