電子署名 帳票管理 文書管理 矢野総研 Holmes

契約書だけじゃない--電子化することで契約業務はどこまで効率化できるのか

契約文書を電子化するサービスの導入が進んでいるが、関連する一連の業務全般の電子化サービスも出てきた。

 “デジタルファースト法”と呼ばれる、政府の行政手続きを原則電子化すると定めた「デジタル手続き法」が2019年12月に施行。その影響から民間企業の業務プロセスも今まで以上にデジタル化が進むと期待されている。

 その流れの中で、契約書の電子化や契約書に関連した業務全体を電子化する「電子契約サービス」にに注目が集まるなか、ホームズ(千代田区)は“契約全体のマネジメントシステム”の必要性を主張。アメリカでは大規模な市場が形成されつつあるという。

 ここでは、タマホームでの電子契約サービスの導入事例や電子契約を含む“リーガルテック”全体の今がわかる記事などを一つのPDFにまとめた。実際のサービスの導入事例から最新動向までを読みつつ、自社活用への検討に役立ててほしい。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]