コミュニケーション

ビデオ会議サービス5選--リモートワーカーとの対話をより円滑に

ビデオ会議サービスは、リモートワークの実現や、生産性向上、出張経費削減の解決策になり得る。「GoToMeeting」や「Zoom Meetings」など、5つの主要サービスとその機能を紹介する。

 企業はビデオ会議をコミュニケーションの第1の手段とすることを検討すべきだ。それには重要な理由がいくつもある。リモートワーカーも含めた従業員の生産性向上が見込めるし(2005年以降にリモートワーカーは159%増加)、出張関連の費用を削減できるかもしれない。

 そして今、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大という脅威が迫り、オフィスの閉鎖、出張の予定の取りやめ、日常業務の混乱といった影響が出ているが、ビデオ会議なら、直接顔を合わせてのミーティングを避けることができ、命に関わる疾病の拡散を安全に防ぐ手段にもなる。あらゆるテクノロジーの例に漏れず、ビデオ会議も、企業文化に取り込んで利用しやすい環境を作り出すには、経営陣や管理職による統率が非常に重要だ。

 ここでは、ビデオ会議サービスの選定において有力な候補となる5つのサービスを紹介する。

1. 「GoToMeeting」

 LogMeInのウェブ会議サービスであるGoToMeetingは、音声会議、ビデオ会議、画面共有の機能があり、「Android」や「iOS」のモバイルデバイスに対応しているため、出先にいる従業員にも最適だ。音声とビデオの設定が豊富で、チャット機能を備える。価格も控えめで、標準機能の場合は月額14ドル、年間料金だと月額12ドルになる。

 GoToMeetingの会議には最大150人のチームメンバーが参加できるが、月額19ドルの「Business」プランに申し込めば、参加可能な人数が250人に増える。Businessプランでは、描画ツール、マウス共有、その他の管理ツールも利用可能だ。大企業の場合は「Enterprise」プランを利用すれば、最大3000人が接続することができる。

2. 「Zoom Meetings」

 モバイルとデスクトップで利用できるビデオ会議用プラットフォームには、Zoom Meetingsもある。簡単に使える拡張性に富んだソリューションで、HDビデオとオーディオをセットアップできる。

 「Enterprise」プランでは、同時に最大1000人が参加でき、最大49の画面を共有できる。さらに、会議をクラウドに保存し、後から参照することも可能だ。Zoomはコラボレーション機能にも秀でており、参加者は画面を共有してメモを共同で作成し、簡単に見せ合ったり検索したりすることができる。会議の履歴は10年分の記録が可能だ。セキュリティを重視するユーザーのために、会議と共有ファイルの両方に256ビットのTLS暗号化が適用される。

 Zoomには複数のバージョンがある。無料版は、100人の参加者が40分間使用できる。月額14.99ドルの料金を支払うと、管理機能を利用できるようになる。19.99ドルのプランなら、企業向けの上位パッケージを利用可能だ。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]