スマートフォン

「Galaxy S20」入門--全3モデルが5G対応したサムスンのスマートフォンシリーズ

サムスンは米国時間2月11日、新型スマートフォン「Galaxy S20」「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」を発表した。各モデルのスペック、5G通信機能、カメラ、2019年モデルとの比較などを紹介する。

 サムスンはサンフランシスコにおいて米国時間2月11日に開催した「Samsung Unpacked」で、新しい「Galaxy S20」シリーズを発表した。Galaxy S20、「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」という3種類の5Gスマートフォンが、同じラインアップで展開されることになる。この3モデルはすべて5G通信機能、「Infinity-O Dynamic AMOLED」ディスプレイ、「Snapdragon 865」または「Exynos 990」プロセッサーを搭載するが、ディスプレイサイズとカメラのスペックはそれぞれ異なる。

Galaxy S20、Galaxy S20+、Galaxy S20 Ultraはどう違うのか

 Galaxy S20は6.2インチ、3200×1440ピクセル、Wide Quad HD+のInfinity-O Dynamic AMOLEDディスプレイを搭載する。背面カメラは、12メガピクセルのメイン広角カメラ、12メガピクセルの超広角カメラ、64メガピクセルの望遠カメラで、3倍の光学ズームと30倍のデジタルズームを利用できる。背面カメラでは8K動画を24fpsで撮影可能。前面には、4K動画を60fpsで撮影できる10メガピクセルカメラが搭載されている。

 S20は12GBのメモリーと128GBのストレージを搭載しており、microSDカードで最大1TBのストレージを追加できる。バッテリー容量は定格4000mAhだ。価格は999ドルから。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2279文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」
  2. ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由
  3. 今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント
  4. アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?
  5. テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]