スマートフォン

「Galaxy S20」入門--全3モデルが5G対応したサムスンのスマートフォンシリーズ

サムスンは米国時間2月11日、新型スマートフォン「Galaxy S20」「Galaxy S20+」「Galaxy S20 Ultra」を発表した。各モデルのスペック、5G通信機能、カメラ、2019年モデルとの比較などを紹介する。

Wireless PowerShareとはどんなものなのか

 Wireless PowerShareは、Galaxy S20シリーズのスマートフォンや他の一部のサムスン製スマートフォンを充電器として使用し、イヤホンやスマートウォッチ、さらには他のスマートフォンなどのデバイスを充電できる機能だ。スマートフォン本体を電源に接続していないときでも充電できるが、スマートフォンのバッテリー残量が30%まで減ると、充電が停止する。携行するコードと充電器を減らせるので、旅行や出張の際に重宝するだろう。

DeXとはどんなものなのか

 DeXモードは、スマートフォンを外部モニター、マウス、キーボードに接続してPCのように操作できるAndroidベースのインターフェースだ。ドングルやマルチポートアダプターを使用して、スマートフォンをHDMIで外部モニターに接続する。ワイヤレスのキーボードとマウスをBluetooth経由で接続することも、有線のキーボードとマウスをUSBポートで接続することも可能だ。以前だと、このような環境を作り出すには本格的なドッキングステーションが必要だったが、DeXならドングルや対応アダプターを用意するだけでいい。

2019年のGalaxy S10シリーズとどこが違うのか

 Galaxy S20シリーズの3モデルと、それにほぼ相当するS10シリーズのモデルを比較するなら、Galaxy S20はGalaxy S10と、Galaxy S20+は「Galaxy S10+」と、Galaxy S20 UltraはGalaxy S10 5Gと比較することになるだろう。

 S20シリーズの3モデルはどれも、比較対象のS10シリーズのモデルよりもスクリーンサイズが大きい。Galaxy S20のスクリーンサイズが6.2インチなのに対し、S10は6.1インチだ。また、Galaxy S20+のスクリーンは6.7インチで、一方のGalaxy S10+は6.4インチ。Galaxy S20 Ultraは6.9インチスクリーンを搭載し、Galaxy S10 5Gは6.7インチスクリーンを搭載する。S20モデルはスクリーンサイズが大きいため、S10モデルよりも若干大きく、わずかに重い。

 S20シリーズとS10シリーズのモデルはどれも、超広角、広角、望遠の3種類の背面カメラを備えている。ただし、一部のカメラの画素数は新モデルの方が多い。たとえば、S20とS20+の背面の望遠レンズはいずれも64メガピクセルだが、S10とS10+は12メガピクセルだ。S20 Ultraの背面のメイン広角レンズが108メガピクセルを誇るのに対し、S10 5Gの広角レンズは12メガピクセルとなっている。光学ズームとデジタルズームの倍率もS20シリーズの方が高い。さらに、S20+とS20 Ultraは背面にToF 3Dカメラを搭載する。

 メモリーとストレージの容量はS20シリーズの方が多い。また、S20シリーズの3モデルはすべて5G接続に対応しているが、2019年モデルでこの最新世代のセルラー技術をサポートするのはGalaxy S10 5Gだけだった。

ターゲットユーザーはどのような層か

 S20シリーズのターゲットユーザーは、新しいデバイスを真っ先に使いたいユーザー、特に自宅や勤務先の周辺で5Gを安定的に利用できるビジネスユーザーだ。

 基本モデルのS20は、新型スマートフォンの中核的な機能を試してみたいが、大きめのサイズは必要ない、あるいはさらに高価な他の2モデルは買いたくない、というユーザーを対象としている。S20+は、少し大きい画面サイズとTime of Flight機能を使いたいユーザー向けのミッドレンジモデルだ。S20 Ultraは、最も大きなサイズ、最も画素数の多いカメラ、最も倍率の高いズームのためなら、価格が高くてもかまわない、というユーザーに向いている。

 また、S20 Ultraのスクリーンは6.9インチなので、大きすぎて持ち運びに困るという人や、手で持ちにくいと感じる人も多いかもしれない。その場合は、比較的小さいスクリーンのS20かS20+を選ぶのがいいだろう。

サムスンのGalaxy S20、S20+、S20 Ultra。
サムスンのGalaxy S20、S20+、S20 Ultra。
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]