スマートフォン

「Galaxy Z Flip」入門--サムスンの最新折りたたみ式スマートフォン

「Galaxy Z Flip」はサムスンの新しい折りたたみ式スマートフォンだ。2019年モデルの「Galaxy Fold」やモトローラの「Razr」と比較しつつ、機能やスペックを紹介する。

Samsung Galaxy Z Flip
Samsung Galaxy Z Flip
提供:Screenshot by Lisa Hornung/TechRepublic

 サムスンは折りたたみ式スマートフォンの新モデル「Galaxy Z Flip」を正式に発表した。同社は2019年に「Galaxy Fold」を発売したが、Z Flipはいくつか変わっている点があり、購入を検討する人にとってはそれが非常に大きな違いになるだろう。

 Galaxy Z Flipは新しいデザインのヒンジを採用したことで、継ぎ目がなく折りたたみ可能なガラス製のスクリーンを搭載できるようになった(とサムスンは主張している)。なじみ深いクラムシェル形状の折りたたみ式で、Motorolaの新世代の折りたたみ式スマートフォン「Razr」と直接競合することになる。

 Razrと同じ市場で争うことや、問題を抱えて悪い評判が広がったGalaxy Foldから1年も経過していないことを考えると、Galaxy Z Flipの行く末は順風満帆ではなさそうだ。だからといって、気に入るユーザーがいないわけではないだろうが、折りたたみ式スマートフォンというのは形状としてまだ新しく、どちらかと言えばニッチなデバイスのままなのかもしれない。

どんなものなのか

 Galaxy Z FlipのコンセプトはGalaxy Foldとよく似ているが、サムスンはデザインへのアプローチを変えた。Z Flipは、開くと正方形になる長方形のデバイスではなく、昔ながらのクラムシェル型携帯電話のような形をしている。折りたたむと、小さな正方形になる。外側に小さなスクリーンがあるが、これは通知の表示やセルフィーカメラのビューファインダーとして使うだけだ。Galaxy Z Flipを開くと、折りたたみ式の6.7インチのメインスクリーンが姿を現す。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2598文字 ログインして続きを読んでください。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]