IAサーバー

地球を犠牲にしてはいけない--データセンターから考える温暖化対策

2025年のICT業界は、世界の電気の20%を使用し、世界の二酸化炭素排出量の最大5.5%を排出し、データセンター自体の排出量は業界全体の過半数を占めると予想。世界の二酸化炭素の排出量合計の3.2%になるという。

 デジタルトランスフォーメーションは、主要15業界のうち11業界の最高情報責任者(CIO)によって、2018年のビジネスの優先事項トップ3に位置付けられています。デジタルトランスフォーメーションに着手する企業が増加する中、こうした変革の中心的存在のデータセンターに対し、デジタルの世界を支える原動力としての役割がこれまで以上に求められることは間違いありません。

 そして、新しい技術に乗り遅れないように、常に処理速度の向上が要求されます。これにより、既存のデータセンターの運用を維持しつつ、需要に応えるための新たなデータセンターを構築するには、より多くのエネルギー、より多くのITインフラストラクチャーが必要となってきます。

 しかし、これが地球の環境にどのような影響を及ぼすと考えられるでしょうか? データの保存や移動、処理のすべてにエネルギーが必要なのは当然として、こうしたエネルギーの実際の使用量はどれほどのものだと思いますか?

 最近の業界調査によると、2025年のICT業界は、世界の電気の20%を使用し、世界の二酸化炭素排出量の最大5.5%を排出すると予想されています。データセンター自体の排出量は業界全体の過半数を占め、19億トンの二酸化炭素を排出すると予想されます。世界の二酸化炭素の排出量合計の3.2%の量です。

 このような数字を目の当たりにしたときに求められるのは、より環境に優しい設計のハードウェアの採用やITの所有モデルの見直しなど、地球の未来に少しでも貢献できる形でデータセンターが環境に及ぼす長期的な影響を見直すことです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2441文字 ログインして続きを読んでください。

「IAサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]