オフィスソフト

「Excel」データを簡単に要約--必要な情報をすぐに得る3つの方法

「Microsoft Excel」のデータを簡単に要約する方法を3つ紹介する。ステータスバーや「オートSUM」機能を使うため、必要な情報を手軽に得られる方法だ。

 データの要約は、「Microsoft Excel」の主要な機能だ。幸い、特別な知識がなくても、大量の複雑な計算を即座に実行することができる。要約の高度なテクニックを知っている人も、今回紹介するExcelのヒントを学べば、周りから感心されるかもしれない。ここでは、ほとんど手間をかけずにExcelデータを要約する方法を3つ紹介する。まるで魔法のような手法だ。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Office 365」(デスクトップ版)のMicrosoft Excelを使用しているが、これらのテクニックは古いバージョンやブラウザー版でも利用できる。ただし1つ例外があり、ブラウザー版では集計行をテーブルオブジェクトに追加することができない。作業用のデータは自分で用意してもいいし、デモ用の.xlsxまたは.xlsファイルをダウンロードしてもいい。

ステータスバーを使用してExcelデータを要約する方法

 データの要約にステータスバーを使うと、すぐに満足のいく結果を得られる。値を選択するだけでいいからだ。図Aは3月の値が選択された状態を示しており、ステータスバーには選択した値の平均、データの個数、合計が表示されている。値をいくつか選択しただけで、こうした情報が得られるので、会議中にこのテクニックを使えば、すごいと思われるかもしれない。実際はごく簡単なことなのだが、皆さんの上司がそれを知る必要はない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1979文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]