開発ツール ウェブアプリケーション

グーグルがウェブフレームワークに尽力する理由--「Google Chrome」担当者に聞く

グーグルがウェブ開発の発展に貢献する主な手段の1つが、フレームワークだ。「Google Chrome」のプロダクトマネージャーに、同社のフレームワーク関連の取り組みについて聞いた。

提供:Getty Images/iStockphoto
提供:Getty Images/iStockphoto

 ウェブはGoogleに優しいが、その理由の1つは、Googleがウェブに優しくあろうと懸命に努めてきたからだ。確かに、その優しさによってGoogle自体も利益を得ているとはいえ(同社の広告はひとりでに掲載されるわけではない)、Googleは長年、ウェブ用のアプリケーション開発を容易にするべく多額の投資をしてきたし、そうしたアプリケーションへのアクセスに多くの人が使用するウェブブラウザー「Google Chrome」も開発してきた。

 Google ChromeのプロダクトマネージャーであるNicole Sullivan氏に話を聞いたところ、Googleがウェブ開発の発展に寄与する重要な方法の1つ、すなわちフレームワークについて詳しく語ってくれた。開発者がフレームワークを使用する理由はさまざまだが、トップ10に必ず入る理由は生産性の向上だ。筆者はこの点を念頭に置き、Googleが「Next.js」「AngularJS」などのフレームワークに貢献することで、ウェブ開発者の生産性にどのように寄与しているのかを聞こうと考えた。

始まりはAngular

 Googleは長年にわたり、フロントエンドウェブ開発の各種フレームワークを積極的に採用してきた。たとえば、広く支持されているAngularJSを開発し、オープンソース化した。GoogleはAngularで、「ウェブアプリケーションの構築、設計、管理をどうするかという、多くの開発者が抱える共通の問題を解決する」ことを目指していたと、Sullivan氏は述べる。実際に、Angularの初期のプロトタイプを使用して、1つのアプリケーションで数千行のコードを削ることに成功した開発者がいた。多くの企業と同じくGoogleも、機能的で実用性が証明されているフレームワークが、大規模かつ複雑なアプリケーションの開発にどれほど役立つかを知っている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2475文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]