コールセンター・コンタクトセンター AWS

クラウド型コールセンターで応答率向上--履歴可視化も検討するカインズの挑戦

ベイシアグループでホームセンター「カインズ」を展開するカインズ。同社は、コンタクトセンターにおけるオペレーターの応答率向上とVoCの有効活用に向けて、クラウド型CTIを導入した。

 関東を中心に全国約220店舗あるホームセンター「カインズ」を展開するカインズ(埼玉県本庄市、従業員数1万1477人)。1989年の創業以来、“For the Customers”を経営理念に掲げる同社は、物販チェーン企業6社などを中心に構成するベイシア(群馬県前橋市)グループの一員として、小売業やホームセンターの枠に捉われない事業展開を進めている。

「iFデザイン賞」受賞のPB商品「立つほうき」(出典:カインズ)
「iFデザイン賞」受賞のPB商品「立つほうき」(出典:カインズ)

 同社はオリジナル商品を企画、製造、販売する製造小売企業(Specialty store retailer of Private label Apparel:SPA)でもある。1万2000点以上のプライベートブランド(PB)商品を取り扱い、売り上げの4割弱を占めるという。

 小売業という立場だけではなく、商品の作り手でもあるメーカーとしても提供商品の品質にこだわりを持つ企業だ。

応答率向上とVoC活用を目指してクラウド型を選択

 顧客対応を重視してきたカインズのコールセンター業務を担うカスタマーサービス部には、年間1万5000件以上の電話がかかってくる。これまでは特定の担当オペレーターに負荷がかかることもあり、業務の平準化が求められていた。また、電話回線が混んでいてオペレーターが対応できず、電話はつながってるものの顧客を待たせる状態である「待ち呼」の解消が課題となっていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3134文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  5. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]