タブレット モバイル

「iPad」をさらに頼れるビジネスマシンに--生産性向上に役立つ仕事用アプリ

アップルは「iPad」のビジネス向け機能の強化に力を入れており、それを補うアプリが多数提供されている。オフィススイート、マルチタスク、VPNなど、仕事に役立つiPadアプリを紹介する。

提供:Anatoliy Babiy / Getty Images
提供:Anatoliy Babiy / Getty Images

 Appleを象徴するタブレット「iPad」は、ビジネス用マシンとしての競争力を高めるべく、この数年で多くの変化を遂げてきた。

 Microsoftの「Surface」などのハイブリッドデバイスとの競争に直面しているAppleには、iPadを単なるメディア消費デバイス以上の製品にしなければならない理由が多数ある。「Apple Pencil」などの新たなハードウェアアクセサリーを投入し、新しいOSをデスクトップにさらに近づけていることから、iPadに対するAppleのビジョンは明白だ。つまり同社は、iPadをビジネスユーザー向けの選択肢にしたいと考えている。

 だが、ハードウェアとOSだけで生産性デバイスができるわけではない。仕事をやり遂げるためには、優れたアプリも必要になる。そこで、本記事で紹介するソフトウェアの出番だ。作業用マシンとしてのiPadの能力を高めるアプリもあれば、特定の職種のニッチを埋めるアプリもある。好みのアプリを選んで、iPadをノートブックコンピューターの代わりにしよう。

オフィススイートを選ぶ

 どんな仕事をするにしても、オフィススイートは必要だ。これには「Office 365」や「Google Docs」(そしてGoogleのその他の「G Suite」アプリ群)、Appleのオフィススイート、その他の代替オフィススイートがあるが、要するに、文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集する何らかの手段が必要になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3733文字 ログインして続きを読んでください。

「タブレット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]