人事・労務

87%が希望「週4日勤務」を実現させるために何を考えるべきか

「週4日勤務」が選択肢として与えられた場合には「週4日勤務」を選ぶのは87%、現在の仕事の状況から見て「週4日勤務」導入は可能との回答は41%――。

 週4日勤務でありながら給与全額が支給されるというのは、あまりにも話がうますぎるように聞こえます。実験的に勤務日数の削減に取り組んでいる企業が報道され、より柔軟な働き方に向けた文化的シフトが話題に上るものの、現実には私たちはむしろ週6日勤務に近づいています。

 世界の「1週間あたりの労働時間」の現状について理解を深めるため、Citrixはイギリスやフランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、カナダ、ノルウェー、スウェーデン、デンマークの3750人のオフィス勤務者と在宅勤務者を対象とした労働時間を調査するとともに、所属組織に週4日勤務制が導入される可能性を調査しました。

 この調査では週4日勤務が圧倒的に支持(PDF)されていることが明らかになり、週4日勤務が選択肢として与えられた場合にはそれを選ぶと答えた人々は回答者の87%に及び、また現在の仕事の状況から見て週4日勤務導入は可能であるとの回答は41%に達しました。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2031文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?
  2. 3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説
  3. 伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書
  4. ファイアウォールだけで守れるか? より高度な内部セキュリティ対策を実現するには?
  5. なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]