データ分析 マーケティングオートメーション マーケティング 日本オラクル

完成品メーカーのニーズを先取り--ダイキン工業化学事業部のDXのユニークさ

ダイキン工業化学事業部では、認知度向上などの課題の解決に向けてデジタルマーケティングを活用している。完成品メーカーのニーズを先取りしたいという原材料メーカーの意識が背景にある。

 ダイキン工業は一般には空調機メーカーとして知られるが、フッ素化合物を提供する化学事業も展開している。同社の化学事業部でマーケティング部担当課長を務める寺田純平氏が、2月4日に日本オラクルが開いたイベント「Modern Business & Customer Experience」に登壇。グローバルにおける顧客とのつながりや関係強化を目指したデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みについて講演した。

 講演の冒頭、寺田氏は、DXを進めるといった場合にありがちなのが「営業はロボティックプロセスオートメーション(RPA)、マーケティングはマーケティングオートメーション(MA)、製造では統合基幹業務システム(ERP)ということで、部分最適になること」だと述べた。

 そのため、ダイキン工業では、DXのための技術を社内で培うことを目的に「ダイキン情報技術大学」を2017年12月に設立。「AI(人工知能)活用」「AI技術開発」「システム開発」の3分野において人材を社内育成している。たとえば、システム開発の場合、「ベンダーやインテグレーターと議論でき、自分たちでシステムを触れるようになる」(寺田氏)ことが目的だという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3509文字 ログインして続きを読んでください。

「データ分析」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]