プロジェクト管理

「Project Online」の特徴--MSの各種製品と連携するプロジェクト管理サービス

「Project Online」は、マイクロソフトのプロジェクト管理ソフトウェアのクラウド版だ。従来のデスクトップ版との違いや、「Office 365」などの他の製品との連携について解説する。

 「Microsoft Project」のオンライン版を1年前に見たときは、「Microsoft SharePoint」上に構築されたかなり簡素なサービスだった。現代的な「Group」をサポートし、複数のプロジェクトの概要を把握できる「Roadmap」という便利な機能があった。そのバージョンの「Project Online」は、Microsoftがまだ開発中だった新しいプロジェクト管理システムのプレースホルダーのようなものだった。新システムは、「Microsoft Dynamics」を支える「Common Data Service for Apps」プラットフォームをベースとし、Projectのデスクトップ版とサーバー版の強力なスケジューリングエンジンを使用するが、依然として「Microsoft SharePoint Online」によってホストされるため、「Microsoft Teams」での文書の共有やチャットが容易にできる。

 そのサービスがリリースされた今、Projectのデスクトップ版はどうなるのだろうか。また、どちらを使えばいいのだろうか。

ボードビューからさらに進化

 Projectのウェブアプリでは、「Microsoft To Do」風のグリッドビューで簡単に作業を開始できる。プロジェクトを作成するには、タスク管理アプリを使うときと同じ要領でタスクのリストを作成し、すでにシステムに追加されたユーザー(Teamsに登録されたユーザーや「Active Directory」内のユーザー)にタスクを割り当てる。「Microsoft Office 365」をこのような形で利用すると、準備にかかる時間を大幅に短縮でき、たとえばProjectの標準的な方法でユーザーをエンタープライズリソースプールに追加しなくて済む。これは、正式なプロジェクトマネージャーがいる昔ながらのProjectワークフローの伝統的なトップダウンアプローチから脱却するものでもあり、チーム内での共同作業という側面が強いプロジェクトの場合は、共同作成者を簡単に指定して、その人にもタスクの作成、割り当て、追跡を実行してもらえる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4388文字 ログインして続きを読んでください。

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]