プロジェクト管理

「Project Online」の特徴--MSの各種製品と連携するプロジェクト管理サービス

「Project Online」は、マイクロソフトのプロジェクト管理ソフトウェアのクラウド版だ。従来のデスクトップ版との違いや、「Office 365」などの他の製品との連携について解説する。

 「Microsoft Project」のオンライン版を1年前に見たときは、「Microsoft SharePoint」上に構築されたかなり簡素なサービスだった。現代的な「Group」をサポートし、複数のプロジェクトの概要を把握できる「Roadmap」という便利な機能があった。そのバージョンの「Project Online」は、Microsoftがまだ開発中だった新しいプロジェクト管理システムのプレースホルダーのようなものだった。新システムは、「Microsoft Dynamics」を支える「Common Data Service for Apps」プラットフォームをベースとし、Projectのデスクトップ版とサーバー版の強力なスケジューリングエンジンを使用するが、依然として「Microsoft SharePoint Online」によってホストされるため、「Microsoft Teams」での文書の共有やチャットが容易にできる。

 そのサービスがリリースされた今、Projectのデスクトップ版はどうなるのだろうか。また、どちらを使えばいいのだろうか。

ボードビューからさらに進化

 Projectのウェブアプリでは、「Microsoft To Do」風のグリッドビューで簡単に作業を開始できる。プロジェクトを作成するには、タスク管理アプリを使うときと同じ要領でタスクのリストを作成し、すでにシステムに追加されたユーザー(Teamsに登録されたユーザーや「Active Directory」内のユーザー)にタスクを割り当てる。「Microsoft Office 365」をこのような形で利用すると、準備にかかる時間を大幅に短縮でき、たとえばProjectの標準的な方法でユーザーをエンタープライズリソースプールに追加しなくて済む。これは、正式なプロジェクトマネージャーがいる昔ながらのProjectワークフローの伝統的なトップダウンアプローチから脱却するものでもあり、チーム内での共同作業という側面が強いプロジェクトの場合は、共同作成者を簡単に指定して、その人にもタスクの作成、割り当て、追跡を実行してもらえる。

 複雑なタスクの作成も容易だ。何層ものタスクダイアログを切り替えながら使う必要はなく、さまざまなタスクを作成して、それらをサブタスクとしてマークし、グループ化することができる。プロジェクトを保存するのを忘れないように気を付ける必要はないし、作業中にプロジェクトのチェックインやチェックアウトをしなくてもいい。これは、現代のウェブアプリでは当たり前のことに思えるが、Projectのデスクトップ版と「Project Server」では今でもやらなければならないことだ。よく似たタスクや、複数のプロジェクトで繰り返すタスクがある場合は、コピー&ペーストすることができる。

 プロジェクトのタスクには、カスタム式のような基本的なフィールド以上のものを追加できるが、今のところ11種類のオプションしかない。従来のProjectには300種類以上ある。

 「Trello」のようなタスク管理ツールのおかげで、かんばんボードはメインストリームユーザーにもなじみのあるものになった。Projectは、「Microsoft Planner」(今では同じチームが開発を担当)からボードビューを受け継いでいる。ボードビューは、タスクの進捗状況など、複数の方法でグループ化することができ、バケットを使って、自分が理解しやすい形でタスクを分類することもできる。期限が近いタスクや今日が終了日のタスクは黄色で強調表示され、期限切れのタスクはグリッドビューとボードビューの両方で赤色の強調表示となる。この機能は、アクセシビリティー向上のために提供が開始されたハイコントラストモードに対応している。

タイムラインビューには、プロジェクトのタスクの期間と依存関係が表示される。
タイムラインビューには、プロジェクトのタスクの期間と依存関係が表示される。
提供:Mary Branscombe/TechRepublic

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]