BI

Tableau入門--オールインワンBI/BAツールの概要

Tableauは、データの視覚化機能が充実したビジネスインテリジェンス/ビジネスアナリティクス(BI/BA)プラットフォームだ。同ツールの特徴、競合製品との比較、料金、セールスフォースとの統合などについて解説する(2020年2月3日公開、2020年11月13日更新)。

 Salesforceは2019年6月、データ分析プラットフォームのTableau157億ドルで買収すると発表し、テクノロジー市場とビジネス市場において大きな話題となった。Tableauは世界有数のビジネスインテリジェンスおよびデータ分析プラットフォームとみなされており、Salesforceのエコシステムに統合されることで、両社はさらに力を増すはずだ。また、この買収は、Salesforceの顧客や新しいビジネスインテリジェンス/ビジネスアナリティクス(BI/BA)プラットフォームを探している人々に、疑問を提起することになるだろう。

 TableauのBI/BAプラットフォームについて詳しく知りたい人のために、データアナリストやビジネスリーダーが知っておくべき情報が簡単に分かるガイドをまとめた。

どんなものなのか

 Tableauは、VerizonやNetflix、Southwest Airlinesといった世界の大手企業で使用されているビジネスインテリジェンスおよびデータ分析プラットフォームだ。

 Gartnerの業界分析「Magic Quadrant」で、2012年以降、毎年リーダーに選出されている。TableauにはトップクラスのBI/BAツールという評価があるため、これは意外なことではない。

 Tableauの企業理念は、顧客が「データを見て理解できる」ように支援することであり、同社のソフトウェアはデータの視覚化に主眼を置いている。Tableauは、スプレッドシートやリレーショナルデータベース、オンライン分析処理キューブモデルなど、多様なソースから収集したデータを使用して、さまざまな形式のグラフや視覚的なチャートを作成する。単純な棒グラフから現実世界の場所へのデータのマッピングまで、多数のビジネスニーズに適した機能を幅広く備えている。さらに、分析レポートを「Microsoft SharePoint」などの他の製品に接続し、ダッシュボードに直接表示することも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5949文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]